借金返済

借金を延滞すると

お金が返せない悩み

借金が返せず延滞してしまった人たちの体験談を集めてみました。

借りた先や延滞の深刻度はそれぞれ違ってますが、苦悩が伴うことには違いがないようです。

どのようなことが起きて、それをどのように乗り切ってきたのか。貴重な話が聞けると思います。

借金を返済できないとこうなる

借金返済の苦悩

期日までに返済が出来ない場合でも1ヶ月ぐらいは何も起きないのが普通です。すぐに電話やメールで延滞を指摘してくる業者もありますが、大抵はそのまま何事もなく過ぎていきます。

しかし1ヶ月を過ぎると突然連絡が来るようになり、返済を迫られるようになります。

現在では借金の取り立てに厳しい制限が設けられており、昔のような嫌がらせなどはありません。ずいぶんとマシにはなりました。しかしそれでも執拗な催促の電話はあります。

これでもまだ返済しないでいると、ついに法的な手段に出てきます。

まずは裁判所を通して督促状を送りつけてくるのが普通です。さすがに裁判所から郵便が来るとほとんどの人は慌ててしまいます。実際この督促状には法的な効力があり、無視してると欠席裁判みたいな形になって、財産の差し押さえをされてしまいます。

だからもし裁判所から督促状や訴状が届いたら必ず対応するようにしましょう。

借金返済できないなら弁護士を頼れ

借金返済できないときの最後の手段は自己破産です。

自分の所有する財産を手放すのと引き換えに、借金が全額帳消しになり、借金地獄から開放されます。

法的な手続きになるため自力での申請は難しく、普通は弁護士に依頼します。当然弁護士費用がかかりますが、分割での支払いOKの弁護士もいます。

自己破産以外にも法的な救済制度は用意されてます。よく利用されるものに個人再生というものがあります。

個人再生は自己破産より少し軽い制度で、借金は全額免除にはなりません。1/5ぐらいになることが多いです。だからある程度返済能力が残っている人向きです。個人再生の1番の売りは持ち家を手放さなくていい点。

せっかく手に入れたマイホームを失いたくないという人に広く利用されてます。

自己破産にしろ個人再生にしろ借金地獄から開放してくれる有り難い制度です。借金返済で困っているなら迷わず利用しましょう。

借金を減らしてもらえるこのような制度がなぜ存在するのかというと、過去にサラ金地獄で自殺者などがたくさん出たからです。妻や娘をソープランドで働かせて借金返済というのも日常茶飯事でした。

そうした非人道的なことが横行してた過去の反省から、法的な救済制度は整備されていきました。現在では借金問題で自殺する人はほとんどいません。

まず弁護士の無料相談から

借金返済で行き詰まり自己破産や個人再生を考えているなら、まずは無料相談からはじめましょう。

各弁護士事務所は電話やメールで相談を受け付けています。自分の状況を説明して、どのような解決策があるかを聞いてみましょう。相談だけなら無料で受け付けています。

自己破産にかかる費用やデメリットなどを紹介してるサイトなんかもあるので、まずはそこで基礎知識を頭に入れておくのも有効な手段です。こちらのサイトなどはわかりやすくて参考になります↓↓↓

破産王子の華麗なる借金返済講座【返せないを解決】